男性

レンタルオフィスを借りるメリット|オフィスの種類

社内

賃貸にかかる費用の内訳

賃貸オフィスを借りる上で発生してくる費用の内訳を知ることで必要のない分を省くことも可能です。内訳の1つにある「償却費」はある場所もあれば、ない場所もあります。それぞれの意味を理解することで費用を安く済ませることができるでしょう。

スーツの女性

申込みから契約成立まで

今では、オフィスの形態は様々で用途に合わせて借りるオフィスの種類を自由に選ぶことができます。その中でも起業家に人気なレンタルオフィスの申込みから契約完了までの流れについて紹介していきます。

運営に関わるオフィス選び

仕事する人達

新しくオフィスを構える場合、バーチャルオフィスやレンタルオフィス、インキュベーションオフィスと様々なタイプのオフィスの中から選ぶことができます。それぞれの違いについて理解したうえで、どの形態でオフィスを展開するのか検討しましょう。バーチャルオフィスというものでは、実際に入居するわけではなくそこの住所や電話番号を借りて会社をつくるという方法で、比較的費用を抑えて運用することができる特徴があります。入居スペースがあるわけではないため、法人銀行の口座開設が困難であったり、社会保険や雇用保険の申請が困難であったりするという特徴もあるので、そういった面を考慮したうえで利用する必要があります。しかし、最大のメリットとしては安価で利用できることにより、一等地の住所を利用するということもできます。それによってBtoBでビジネスを行っているところであれば、それが信用に大きく影響してくることも考えられます。
レンタルオフィスは、予め業務を運用する上でデスクや機器などが用意されているオフィスのことです。始めから必要なものが揃っているため、新しいオフィスを設立する際の初期投資を抑えることができるメリットがあります。また、バーチャルオフィスとは違い実際に職場を持つことできます。インキュベーションオフィスは、新しく企業する人向けに支援するオフィスのことです。インキュベーションオフィスは、既に事業展開を行っていて移転をするという場合には利用することができません。インキュベーションオフィスはベンチャー企業の成長を支援することを目的としたオフィスであると考えるとよいでしょう。事業移転や起業する際に必要となるオフィスは上記のように用途別にいろいろ用意されています。それぞれの特徴を理解した上でオフィス選びをしていきましょう。


会社

事業規模に合うプラン

オフィスを用意するのであれば、賃貸オフィスの各プラン内容を理解して、大阪で事業を始める事業内容に合ったものを借りることが必要です。プランごとに想定している人数が決まっているので、事業規模に合わせてプランを選ぶことも大事です。

Copyright © 2016 レンタルオフィスを借りるメリット|オフィスの種類 All Rights Reserved.